会長挨拶

会長挨拶

就任会長挨拶 会長 四宮 佑一

2018年-2019年におけるRI会長バリー・ラシン氏は、今年度のテーマを次のように発表されました。

岸本信一

「インスピレーションになろう」と――
バリー・ラシン会長は熱く語っておられます。 「全世界でかつてない程ロータリーは重要な存在になっており、より良い世界を築くその潜在能力は莫大です。ロータリーの奉仕は人々の人生、そして地域社会を変えるものです。真に変化を生み出す奉仕をもっと実現するために、私たちはロータリーでの自分の役割、そして世界におけるロータリーの役割をこれまでと違う角度でとらえる必要があります。一番大切なのは、前向きな変化を生み出し、私たちが今日直面する課題に、勇気と希望、そして創造性を持って、正面から立ち向かう意欲をクラブ、地域社会、そして組織全体から引き出すための〈インスピレーション〉になる必要があるのです」と述べられました。

2018年-2019年地区ガバナー末長範彦氏は、現下のロータリークラブの状況について、「昨今の世界は政治情勢、経済状況、科学技術の進化等、世界の変化のスピードは加速しています。過去30年間、世界のロータリアン共通の目標、ポリオ撲滅はゴールに近づいています。最後までの支援をゆるめることなく、共に喜び合う仲間にならなければなりません」としています。
そこで、来年度の地区スローガンを次のとおりと定められました。

「チャレンジしよう」と――
地区目標は以下のとおりです。
○最重要目標
   会員増強  会員純増1名
○重点目標の取り組み
・ロータリー賞の取得
・ポリオ撲滅への協力
・ロータリー財団への支援
・ロータリーカード取得への協力
・米山記念奨学会への支援
・地区補助金の活用
・グローバル補助金の活用
・2019年国際大会への参加
詳細はPETS報告のとおりですので省略します。

鳥取ロータリークラブこの地区目標を念頭に、次の通りクラブ運営をいたします。
〈鳥取ロータリークラブの運営について〉
RI会長バリー・ラシン氏のテーマ「インスピレーションになろう」
2690地区ガバナー末長範彦氏の地区スローガン「チャレンジしよう」
を基にして、鳥取ロータリークラブのスローガンを、
「誇りと責任と感動」とします。
誇りとは …… 伝統に誇りを持ち、守るべきは守る
責任とは …… 変化に責任のある挑戦
感動とは …… 努力した結果に感動を共有する
私は、鳥取ロータリークラブは誇りを大切にする団結力の強いクラブだと自負しておりますが、加えて、友愛に満ちた組織になればと願っております。

〈鳥取ロータリークラブの活動目標〉
 次に、上述の地区目標を踏まえ、鳥取ロータリークラブが地域社会へ更なる奉仕に取り組むため、本年の活動目標を次の通りといたします。
1.会員増強 …… 純増最低1名
会員増強については当該年度のみでなく、次年度増強対策も考慮して、継続して行います。
2.RI会長賞の受賞
今年も受賞に全力を傾注します。
3.各委員会が計画したプロジェクトを全員で取り組む
4.例会出席率100%の素晴らしさを再認識し必達する
5.今年30周年を迎える鳥取ロータリーカップサッカー大会を支援する
6.第2690地区 第1グループ、第2グループ合同IMをホストクラブとして充実した内容で盛大に開催する
7.今年度もロータリー財団地区補助金を活用したロータリー活動に引き続き取り組む
 その他、毎年行っている米山奨学会留学生の受入れ、米原穣PG賞の授与、鳥取砂丘一斉清掃、湖山池青島一斉清掃、鳥取さわやか車イス&湖山池マラソン大会、県警の年末特別警戒への慰問等、多くの会員の積極的な参加を求めて、地域社会に貢献している実態を住民の皆さんに周知していただくよう努めます。
また、求められている国際奉仕プロジェクトの着手について議論を深め、中、長期視点で国際奉仕、国際交流にチャレンジしたいと考えます。