会長挨拶

就任会長挨拶 会長 小谷 文夫

鳥取Rotary Internal

――今こそ、足元を見つめ直そう――

小谷 文夫

鳥取ロータリークラブは1952年(昭和27年)に産声を上げ、今年度で満70歳になります。設立の後は東京オリンピック、後に続く高度成長の波に乗ってクラブも順調に発展してきました。しかしバブル経済崩壊によって成長が鈍化。更に21世紀は少子高齢化が進んで人口の急速な減少を来し、クラブもここ十数年間は会員数の頭打ちと会員の平均年齢が年々上昇する高齢化の波に見舞われています。この傾向は日本の今後と同様にとどまるところがないであろうと思われます。

かような困難に直面する中で、クラブは再度原点に立ち戻る必要があります。

クラブの存在意義・価値は何か?

それは長期的な存続と発展によって職業や社会に貢献すること。それによって地域に対してクラブが必要不可欠な存在とされることです。鳥取ロータリークラブの長い歴史と相まって地域に必要とされる奉仕活動は十分な実績があります。しかし現状に安住する事なく、その時代に適合した活動の展開が必要です。国際交流が活発な現在、海外クラブとの提携の摸索も価値のある事と思います。

こうした活発な活動を可能にするリソースは『人』です。故に会員増強、とりわけ質の高い会員の獲得はクラブの将来を制する最重要課題でもあります。

また、クラブにおける日常の基盤となるものは『会員同士の相互理解と親睦を深めること』です。クラブ内で良好なコミュニケーションが形成されてロータリーが楽しければ自ずと奉仕活動は活性化し、楽しくなければやがて退会者が相次いで活力低下を招きます。

楽しいロータリーの為にクラブ内の活動を改善強化したい。例会の時間的制約や費用面等のデメリットを上回り、ロータリークラブは楽しい所だ、と新入会員はもとより皆が思うように改善を図りたい。それによって活動の幅が広がり地域の認知度が益々高まり、その結果質の高い会員が更に増強され・・・・。下図のような好循環サイクルを描きたい。

コロナ禍の現在は色々な制約がありますが、見方を変えれば新機軸にチャレンジする絶好の機会でもあります。

よって今年のテーマは、2960地区テーマ「未来のロータリーを築こう」を包絡し、70周年の節目におけるクラブの再出発とすべく

鳥取Rotary Internal

――今こそ、足元を見つめ直そう――

とします。

飛躍、というよりは毎年が現状より少し良くなる様に皆で一緒に取組みましょう。